流行りのココナッツオイル、良し悪しがある?

マッサージで使われているココナッツオイルは食用としても人気があり、健康にも良いと言われている良い油ですが、オイルには良し悪しがありますので知っておきましょう。

良い油だったとしても、摂取しすぎると体に悪いので摂取量には注意が必要なのです。

良い油にも幾つか種類があり、肉やバターなど乳製品に含まれている飽和脂肪酸は酸化しにくいという特徴があり、摂取しすぎると悪玉コレステロールが増えてしまい生活習慣病にも影響すると言われていますよ。

吸収されやすい中鎖脂肪酸として、ココナッツオイルなどは吸収率が高くて不要な油を落とす効果がありますし、手に入れやすいのでオススメなのです。

不飽和脂肪酸は常温では液状なので酸化がしやすくて、オメガ3から9に分けられますが、体内で作る事ができないため必須脂肪酸とも呼ばれていますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です